<<心の世界>>青い鳥・心の灯り1

  人は、誰しも、「青い鳥」・「心の灯り」を求めて生きています。
自分の「好きな事」「嫌いな物」「好きな人」「好きな事象」など、漠然としていても、常にそれを求めて生きているものです。
  優越感、見栄、虚栄心、おごり、自惚れ、称賛、金銭、名誉、などを求めて日常生活を送っているものです。
そうですね、時には、心の底から支えてくれる人を探し求めたり、好きな異性{男性・女性}を探し求めています。

  簡単に表現すれば、やはり、心の問題になります。
自分の心が、どんな形で自分の心の底にあるのかを、確認することが必要です。
  本当の自分、真実なる自分を理解できていれば、人間は悩まないものです
自分の実力や力量を知らないで、色々な事柄を求め過ぎるので、悩みや苦しみは起こってきます。

  世の中の人達は、しばしばと言いますね。「夢」・「理想」を持ってくださいと。
しかし、夢や理想を、あまり持たないで欲しいと考えます。
何故ならば「夢」は壊れるからです。
  でも、人間が生きる{目的意識}だけは、絶対に持ってくださいね。
苦しみ悩んでいる人達は、{{自分は一体何を考えているのか分からない}}というのです。・・・・・勿論その通りです。
何を考えているのか、そして、その考えている事柄が、自分にできる事柄か、どうかを確認しておかないと、悩み続けることになります。

  悩み苦しみ、神経症、心身症、うつ病、躁病、アルコール依存、その他、諸々の苦しみなど、全ては、自分にできない事柄を考えているのですね。
出来ない事柄は、出来ないのだと、自分の心を明確にして、心をしっかりと固めて、人生を歩けば何も悩みや苦しみは起こらない筈です。
  今、自分が一番に欲しいものは「何か」を、知っておいてほしいですね。
登校拒否、非行、いじめ、暴力、虐待、犯罪、などは、人の心の{欲求不満}が生じさせるものです。
人は自分の心を満足させる能力、幸せだと感じる能力を持つことが必要です。

  心の根源を考えますと・・・・・、心の形というか、心・性格・人格の形成、生い立ちの心に遡るのです。
「三つ子の魂、百までも」、「親の因果が、子に報い」などと言います。
人はこの世に誕生して成長する過程で、母・父・自分を育てた人達・自分の側を通り過ぎた人達・周囲の環境・貧乏・裕福・諸々の問題があります。
  最大に重要なのは、親の心が子供に伝播していますので、子供が悩み苦しむ状況にある場合は、親の方が、しっかりと自分の生き様を点検するべきですね。
子供の異常会話・異常行動・異常な心は、親の育て方が問題です。

  親が、家族の中で「青い鳥」・「心の灯り」を何処に探し求めたかを、懸命に確認して欲しいと思います。祖父母~両親~子供達~孫たち~、誰が、どの時点で、心の間違いがあったかを確認して、{悪い因縁}を断ち切るかだけです。
問題を抱えたら、親も子供も、「心理療法を受けること」が絶対に必要でしょう。