<<家族・親子>>親と子(続編)2

 当方へは、登校拒否、拒食&過食、不安神経症、自律神経失調症、心身症、うつ病、出勤拒否、などなどの方達が悩んで来られます。

当方では、積極的に{{うつ病者}}への「「心理療法」」に関わっています。

何故かというと、そう、{{うつ病者}}の悩む心は矯正してあげて、悩まない人間にしてあげれば良いだけですから。

人間、自分の{{心}}さえ、悩まない・苦しまない・嘆かない・不満を持たない・不平を抱えない・劣等感を持たない・嫉妬しない・恨まない・憎まない・、などの{{心}}になっていれば良いだけなのです。

なのに、人間って、大変な生き物です。

エゴイスト、ナルシスト、そんな{{心・性格・人格}}の人達が多すぎます。

 

 人間世界で生きる「大原則」が有りますが、皆様に伝えておきます。

眼前の他者や環境&現象&状況に対して、マイナスの感情や・気持ちを持たない人間として生きる事です。

そうは言っても、人の{{心}}は、その人の{生い立ちの過程}で作られていきますから、眼前の{{心・性格・人格}}を治そうと考えても、簡単には変革されません。

「顕在意識=現在意識」、「潜在意識」、「無意識」などの心の世界、或いは、「深層心理」と言う言葉がありますが、このあたりが理解できるかどうかです。

 

 自分の子供達、いや、大人もいますが、悩んでどうにもならない時は、親の出番が絶対に必要なのです。

親が、育てる段階で子供達の性格・人格を造りあげてしまいます。

親が、自分の子供達に<<如何に、何処何処で、何時・・のT・P・O>>が大事です。

悪くいけば、子供達の心は歪にもなるし、俗世間で生きる事に疲れ果ててしまいます。

万一、子供達が自分の親にたいして、マイナスの感情を持ったままで育つと<現在の周囲の人達にも、直ぐに、不満を持って>しまいます。

そんな子供達に{過去の生い立ちでの「心」がつくられたのを、十二分に知って欲しいもの}}です。

 

 そうは言っても、俗世間の親達は、子育てについて<<自分の間違い>>を、なかなかと認めませんから、大変に悩める子供達〈大人も含めて〉は困ります。

自分達の気持ちで何とか回復しようと考えても、親の一言で簡単に<<心は、崩壊>>します。

人間の{{心の「再生」・「回向」・「新生」}}には、親と子供達の{{過去での、心の「「和解」」が最大に重要}}です。

随分と長期間、「心理療法」に関わっていないと、理解できない世界があるものです。

現在の親の心と現在の子供の心が<<和解するためには、互いの過去での和解がない>>と駄目なのです。       

コメントをどうぞ