<<心の世界>>過去の自分を知る(4)

 しばしばと、こんな話を耳にします。

自分の心は分かるけれど、他者の心が分からない、などと・・・

現実は、そうではありません。

自分の心を読めていないから、相手の心が読めないのです。

本当に、皆が、自分の心を十分に理解していると、自己表現します。

けれども、自分の心が分かっているのは、氷山の一角であって、氷の海面下にあるような氷、人間の心も同じようなもので、海面下に広がる裾野の大きな塊、それが人間の潜在意識とか無意識と呼ぶものです。

普通の方達は、自分の心を十分理解していると言いますが、ほんの一部の自分の心を知っているだけで、自分の深層心理を知っていません。

 

 自分の心を確実に操作するためには、やはり、今の自分を操作している心が<<自分の潜在意識や無意識からつながってる心>>で操作されていますので、そういう深層心理を知っておくことです。

その上での行動でないと、後で、後悔する事が多々有ります。

自分の心と言っても、多くの人達は、ほんの少しの自分の心で、全て自分を理解していると考えています。

過去の自分を明確にしておかないと、人間って、現在の眼前の状況判断が正確に出来ません。

 明確な正確な判断&判定をしているつもりでしょうが、余分な心の葛藤を抱えて自分の心のエネルギ―を使いますので、心身ともに疲れ易いです。

 

{{自分の過去を知る}}ことで、自分が<<どんな人間かを理解できる>>筈です。

その上で、自分の人生を明確に判断して生きる事です。

そうすれば、大きな失敗をする事は無いでしょう。

仮に、少々の失敗をしても自分の責任で、再度、立ち向かう事が可能となるでしょう。

万一、少しの期間でも落ち込んでも、{うつ病}などになって自殺す事は無い筈です。

何故ならば、自分の心身の{再生}を出来る能力が備わっている筈ですからね。

 

 自分の現在の心を自由に操作するには、自分の誕生から~生い立ち~現在までの心を辿っておく事です。

自分の「会話」・「行動」・「心」のみならず、他者の「会話」・「行動」・「心」、などなどが全て見えますからね。

人生が、楽しくなりますよ。

当方への{{相談者}}の人達も、誰も皆が<<自分を中心に考えて>>います。

そうであるから、自分の心を{再生}・{回向}・{新生}させるのが、無理ですね。

自分が一番に欲深くても、自分は真面目と思っていますから・・唯、眼前を批判するだけで、自分の心を批判しようと考えません。

{捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ}、「ネット心理療法」で十分です。 

コメントをどうぞ