<<講演>>うつ病(5)

 人は、知識や知恵などを何処から取り入れるでしょうか。

1.目 から 色々なもの、色々な事を見て学びますね。

2.耳 から 人の話や色々な音を聞いて学びますね。

3.鼻 から 臭いなどを学びますね。

4.舌 から 甘い、辛い、すっぱい・・・などを学びますね。

5.身 即ち、触覚 気持ちが良い悪い、痛い、痒い・・、などを学びますね。

6.心というか意識 上記に述べた様な五官があっても、これが作用していないと全く何も認識できません。

全ての人は、人生を勉強することも、“五官六官”で区別しながら生きています。

現在の自分の有り方、生き様などを客観的に知る事が大切です。

今現在の自分の“五官六官”を点検するべきです。

{再生}や{新生}を求めるのに、現在と未来を考えても有効な方法はありません。

「自分の全ての“五官六官”を如何に使用していたか」を、過去に遡って点検します。

人間は、誕生してから現在に至るまでの生い立ちの過去の中で、全ての五官六官を使いながら、情報を大脳の奥深くに刷り込んだまま育って来ています。

そこで、この様な事柄までを念頭に入れながら自分を見詰めるのです。

過去の自分を見詰める事によって、“何処でどうして失敗したか”が分かります。

過去の失敗の中から、今の自分の間違っている事柄などを訂正出来ます。

 

 何度も申し上げますが、人は色々・様々な方々が居られます。

自分の目で書物を読んだり、絵を見たりする・・・、眼で見て物事を判断することが上手な人が居ます。

しかし一方では、見て判断することが苦手な人達も居られます。

耳で聞いて物事を判断することが得意な人も居られます。

そこで、耳で聞いて自分の人生をどう判断するか・・・人生とは一体に何か?などと、疑問を持って聴き、そして今後の自分の人生を生きてゆく糧にして頂いたら良いと思います。

耳だけでなく、鼻での臭い、舌での味わい、身即ち体・触覚ですね・・・、触れてどう感じたか・・・などです。

あまり難しい事を“字を読んで考える”のではなく“耳で聴いて考える”、また、その他の方法での刷り込みを、熟慮してみる事なのです。

 

 各種神経症、うつ病、各種心身症、パニックディスオーダー、登校拒否、出勤拒否、非行、引きこもり、アルコール依存、ドラッグアディクション・・・など、何故にこの様な事態・状況になるのかが問題です。

自分の過去を{課題}に沿って熟慮すれば分かります。

人生を有意義に生きるために、“自分の存在とは?”、“自分とは?”、“自己とは?”、“自分と他人との関係は?”などなど・・・。

 人生、生きる過程において、気楽に悩まずに楽しく生きて行く事が出来るために「インターネット心理療法」を利用しましょう。

コメントをどうぞ