<<講演>>うつ病(2)心のカラクリ

 殆どの人達は、現在の状況、或いは、近未来を考えて生きています。

これが普通の人達の生き方ではあります。

誰もが「自分が幸せになりたい・・」などと何時も、そう思っている筈ですね。

何かを求め、追い求めています。

その{何か}が問題でしょう。

 

 普通社会で働いている皆さんは、多くの場合何がしかの“金銭”を求めています。

また、人によっては“地位”や“名誉”などの場合もあります。

或いは、置かれた状況によって異なりますが、若い人達の間では“異性の友達”や“恋人”が欲しい・・、当然ではあります。

 体だけが成長して、精神が成長していない人達も見られます。

人間、体も心も歳相応に成長する事ですね・・・。

そうでないと、男性同士、女性同士、異性関係の付き合いも出来ません。

人は誰かと一緒に居て、初めて心が癒されるものです。

勿論、自分の好きな趣味や道楽などを持っている人達もいるでしょうが、そんな好きな事柄についても、長期間にわたり自分一人で行っていると、矢張り寂しくなるものです。

自分が好きでやっている事柄でも、誰かに聞いて欲しいと思う様になるものです。

長期間人間の顔を見ずに時間を過ごすことは、誰にとっても寂しいものです。

一時的には”物”で癒されるでしょうが、人生を生きるのに、人は誰かと一緒に<会話や行動や心>の交流ができる事が大切なのです。

長期的に観察すると、人間は一人では駄目なのです。

では、引きこもり、登校拒否、出勤拒否・・・、「引退して山奥で一人住んでいる人も居るではないか」と、言われる方もおられるでしょう。

本当のところは、人との付き合いに草臥れているだけか、付き合いが出来ないから人を避け、社会適応していないのです。

彼等は、大変に悩んで悲しんでいます。

 

 自分が、“勝者”ではなく“敗者”である事を確実に体で認める事が大事です。

人は、自分が駄目な人間だと言わないし、そう思われたくないものです。

自分が“駄目な人間だ”と、心の底から話す事ができれば、そこからまた人は這い上がる事が出来るのですが・・・。

「告白」という言葉がありますよね・・・。

勇気を出して・・・本当の自分の心を表出する事ですね。

カミングアウトもありますが、純粋な<告白>とは少し違います。

“よく思われたい”、“褒められたい”、“賞賛を浴びたい”、などと考えると余計にストレスは溜まります。

 皆から「貴方は駄目人間ですね」と言われた時、「そうなのです、駄目人間なのです」と、相槌を打つ事が出来れば最高の人間となれるでしょう。

 

自分の本当の正直な心を表出できれば、悩まない人になれます。

「うつ病」にもならないですね。

「うつ病」からも解放されますね。

コメントをどうぞ