<<講演>>うつ病(1)会話と行動と心

 今回は、「うつ病」の話しをしましょう。

悩みと苦しみ、「うつ病」ですね。

心から来る病気は沢山とありますし、数をあげれば限(きり)がないですね。

神経症や心身症でも数えられない程です。

一番に分かり易い“心から来る病気”が「うつ病」であろうと思います。

そこでこの講演では、数回「うつ病」についてお話してみましょう。

 

 当方では、25年間も“心理療法”をやり続けてまいり、約6千人位の人達が“心理療法”を受けて行かれました。

当方で一番に多かったのが「うつ病」です。

人は悩みながら苦しみながら、日常生活で人生を生きています。

自分では沢山と心の葛藤を抱えていますが“自分の心”に気付きません。

教えてあげても「自分はストレスを持っていない」と主張する人達も居られます。

 

 悩みを持たない人達は「うつ病」には絶対になりません。

これだけは断言しておいても良いでしょう。

しかし、人間社会の此の世を生きる上では、余程人生について<しっかりと“勉強”というか“学習”>をしていない限り、悩みや心のストレスを持たない人達はいないでしょう。

人生、人間社会での人の生き様については“生存競争だ”と、この様な表現をしたくないのですが、細かく見詰めるとその“生存競争ではない”と否定する事は出来ません。

人は、ある年齢まではどうしても“自分の親”或いは“親に代わる誰か”に育ててもらわないと成長出来ません。

勿論、肉体だけではなくて心も一緒にですね・・・。

年齢相応に成長するしかありません。

肉体のみが成長しても、心がともに成長しなければ得体の知れない生き物になるでしょう。

 社会の中で、ある程度自分以外の他者と共同生活が必要なのです。

お互い人対人のコミュケーションが出来て、初めて人生を自立して生きて行けます。

家族の中で、社会の中で、或いは、様々な集団の中で・・・、人はそれぞれ誰かと会話するなど“交流”が重要なのです。

しかし、自分の頭というか心の中に、相手と会話をする“交流の力量”を持っていないとギクシャクして来ます。

他人を目前にして、それなりの会話能力を持っていないと何も話せません。

一緒に遊ぶ事さえ出来ないでしょう。

遊ぶ事、楽しむ事、趣味などについては、皆がそれぞれ違うので、それなりの同じ趣味などを持っている人達と遊べば良いのですが、それであったとしても、上手と下手に分かれます。

皆が満足しながら、会話と行動と心の<つながり>が、出来るかどうかです。

 

心の葛藤を抱えなければ「うつ病」にならないし「うつ病」からも解放されます。

人生を楽しく生きる<知恵>を自分の身につけましょう。

コメントをどうぞ