<<家族・親子>>自由な生き方3、他者の意見を受け止めることから始まる

  人生を生きるのに、何時も緊張して大変に苦労している人達が本当に多いですね。
心の勉強をしておかないと、人の悩みの原点(心のカラクリ)が見えないものです。

  普段の生活では、皆が気持ちよく、楽しく人生を過ごしている様に見えるものです。
しかし、どんな優秀で社会的にも優れて有能な生活を送っている人でさえ、心の中では間違いなく、「優越感」と「劣等感」を交錯しながら生活されているでしょう。
日常(社会)生活で「自分は優越感を持って過ごしている」と思っているとすれば、
心の底では、劣等感の境地に落ちていかないようなプレッシャーが動いています。

  また「自分にはストレスは無い」と言われる人がおられれば、それは錯覚だとも言えるでしょう。
人間社会を生活するのに、心の葛藤(ストレスと言っても良いですが)を全く持たない方が、どちらかと言えば大変な人です。

  「悩み」や「苦しみ」「各種神経症」「うつ病」「心身症」などにしても、「優越感」を持ちたくても、「劣等感」が先に自分の心を襲うので、心理的に苦しみます。
統合失調症の人達は(例外は有る)、一般的に、人格的に脆い・脆弱さを抱えていますので、心理療法を受ける方が良いですね。
実は、優越感を持ちたいけど持てない、苦しい、悲しい、辛い、生きている価値がない、など、マイナスの感情で責められて、人間関係・心の交流が成立しないのです。

  多くの人達は、周囲の人達から{ほめられたい}{称賛されたい}{優秀な人だと思われたい}のです。{愚かな人}{無力な人}{駄目な人}{悪い噂}など、評価や非難されることが嫌いなのです。
評価や非難されるのが嫌いだったら、忍耐や努力や精進が必要ですが、そんな努力をしませんね。
  何故ならば、心底と自分は「駄目な人間だ」と体で認めないのですから。
頭で、自分は駄目人間だと思う間は、まだ、駄目な人と思われたくないだけですね。
そう思われたくない間は、自己嫌悪だけが続くので、這い上がる気持ちは出てきません。

  どの様な地位や名誉や金銭などを持っている人達も、生涯で一度も他者から非難されないで死んでいく人は絶対に居ないでしょう。
人間は誰しもが「生い立ち」も違うし、同じ考え方をしていないのが普通ですね。
だから、人は皆、他者に対して評価・非難・噂・悪口、などを言います。
それも、当然でしょう。

  ここで皆さんにどうしても知っておいて欲しい事は・・・・・、自分が本当に
  正しい人=善人?  間違っている人=悪人? 
  どちらの人間かを判断して確認しておいてくださいませ。

  私は正しくて真面目な人間(実は、自己判断の間違いが多い)と思っていると、
どうしても、他者から称賛を浴びたい、他者から褒められたいなどと、無意識的に思うのです。
当方は、宗教家ではありませんが、どんなに真面目だと自己主張しても・・・・・・、
生き物{野菜や動物(魚や肉など)}を食べている、殺生しているのです。
地球破壊や生態系を破壊しているのも人間です。

  時たまでも良いので、人は謙虚になって考えることですね。
他者から非難や悪口を言われた時、謙虚になって自分の会話や行動や心を点検することです。
他者の非難や悪口を受け止めることが出来る人は、素晴らしい人だと思います