<<講演>>人間って、孤独?? (4)

 新生児~乳児~幼児~小学生~中学生~高校生~青年期~~~、などと成長するにつれて、誰しもが<<生い立ち>>の中で、心の{{葛藤}}を引きずりながら、成長しているのです。

 

 生徒の時では、家庭で母親や父親の顔色を伺いながら育ちます。

時に、兄弟姉妹が居れば、兄弟姉妹とも喧嘩しながら育ちます。

学校では、友達付き合いでも<<自分の心>>を如何に使うか、無意識的に或いは有意識的に<<建前>>と<<本音>>を使い分けます。

当人が、相手に対して、自分の心を使い分けているかどうか気づいていないままで、生きているし、そのままで育ちます。

そんな{{心の形}}で、今の現在の自分を生きているのです。

疲れるし、面倒になるし、人付き合いも<<嫌になって>>寂しく孤独にもなります。

 

 自宅で、母親や父親にも<<自分の本音>>で話すことが、なかなか出来ませんね。

まして、学校では<<いじめ>>に合っても、先生に言えず、自宅に帰ってからも両親や兄弟にも、言えません。

誰にも、言わずに、一人で悩む。

自分の{{惨めさ}}を自分以外の他者に、母親にも父親にも、学校の先生にも話せないから、心は辛くなるばかりです。

 付き合いだけでなく、側の人と自分を比較します。

頭は良いか、勉強は出来るか、友達と仲良くできるか、背丈はどうか、美人か美少年か、音楽は、美術は、算数は、国語は、などなど学校の学習においてさえも、色々とストレスはかかって来ます。

自分がストレスを抱えれば、抱えるほどに、益々と心は苦しく悲しく孤独になります。

 

 自分を褒めてくれる人が居ない・・・、私は、どうして駄目な人間かと考えるほどに、情け無い、惨めで、孤独な{{人}}となります。

眼前の判断力も落ちてくるし、口を開いて言葉にするのも、体を動かして行動するのも、面倒になって来ます。

そうなると、学校に行くのも嫌いになってしまうし、{登校拒否}や{引きこもり}にもなってしまう。

家に居ても、面白くないので{家出}でもしようか、なんて事にもなって来ます。

少年少女の頃では、男性と女性の{{体力}}があまり変わらないので、男性ばかりでなくとも、女性でも、色々なトラブルが起こって来ます、男女を問わずに、ですね。

 

生い立ちの時代にストレスが多ければ、その心を積み残したままで大人にと成長します。

所謂、「固着」ですね。

「固着」多き人ほど、悲しい情けない人間として生きる事になります。

 人生を生きるには、「固着」を解消しておくべきです。

コメントをどうぞ