<<講演>>カウンセリングと内観療法10

 人の心を<<良い方へ>>変えて頂くために、臨床心理士は<<何をするべきか>>でしょう。

どんな「「良策」」といえども、万人に全て100%、いや、1000%も間違いなく、全てが<<こうすれば>>変わる&治ると言うものは、此の世には無い筈です。

当方、随分と長期間にわたり、「心理療法」に関わって来ましたが、その間に、来談者の人達から<<学ぶ事柄>>は、多かったです。

来談者の経過を、彼等の会話と行動と心の話を聞いていると、これまでに<<何をして、心の回復を考えたか>>の全部が、当方には見えて来ます。

 

 斯く斯く云々などと、沢山の人達から<<話を聞いて>>いかざるを得ません。

たくさん方法がありますが、この方法は、駄目だとか、こんな人達には、どんな方法があるのか、随分と考えさせられます。

失敗したこと、悲しかったこと、立腹したこと、などの事柄を聞く、自分の耳で確認する事柄が重要です。

沢山の色々な悩み苦しみを抱えて、色々な異常会話・異常行動・異常な心など、人によって表現の仕方が皆さんで違います。

だから、心の脆弱な人達に対して、この方法が一番に適しているなんて言えません。

唯、唯、治療法として、専門家も沢山の色々な人達が居ます。

 

 皆さんが、自分の方法が良いと自己主張されます。

しかし、人間が此の世を生きる限り、<<所変われば、品変わる>>ではありませんが、「「心理療法」」の中で、相手に対して方法を変える、と言う考え方もありますが・・・。

当方の体験上から見ていると、人間の潜在意識と無意識の治療をしていくのが、最高に良いと考えます。

何時も言っていますが、誕生後から~~生い立ちの心、そして、現在まで歩いて来た心を開拓して、自分の足りなかった心を点検する事です。

自分の過去を見つめてみないと、自分の{{愚かな心}}は見えないのです。

<<過去を振り返るな・・>>と言う人も居ますが、人間の心の成り立ちを勉強していない人達です。

 

 何度か、伝えましたが、心の歪んだ部分が、人間の大脳の奥深くに有る海馬に歪な心となって、恰も「「歪んだ積み木」」のようになって積まれて、歪んだ心が沈潜しています。

その、海馬の中の「「歪んだ心」」を耕して、綺麗にした「「心の積み木」」を積み替える事です。

海馬が、綺麗な富士山や綺麗に見えるピラミッドのように、積み替えられて行く事が大事です。

本当の自分を生きるために、自分の本当の心を明確にしておく事です。

何処に居ても、どんな人に出会っても、<<立腹しなく>>なって来る筈です。

海馬の歪んだ「積み木」」を組み替えて、いきましょう。 

コメントをどうぞ